仕事の忙しさと、生活のルーチンワークに流され、すっかり更新をしていませんでした。
やっと仕事が一段落ついて、少しだけ心に余裕が出てきたのでブログを再開しようと思います。

さっそく、ブログタイトルとプロフィールをちょっとだけ修正。
ブログタイトルの意味はプロフィールの方で紹介しています。

今後は今一番興味を持っているiPhone, iPod Touchとかを中心に書いていこうかなと思っています。

まぁ、今度はどこまで続くかわかりませんが、お付き合いのほどを。
日記 | 東京 ☀ | Comments (0) | TrackBacks (0)
LF-PK20前々から気になっていた商品、SONYのロケーションフリーLF-PK20を購入しました。一番の目的はリビング機材の映像を寝室から見ること。そのためTV接続用のLF-BOX1も一緒に購入しました。

まず驚いたのは、結構セットアップが簡単なこと。なんとなく無線LANのルーター程度の設定は必要と思っていたら、勝手にセットアップしてくれるモードがあって、ベースステーションとTVボックスのペアリングが、あっという間に出来てしまいました。まぁ最近はルーターなども、かなり簡単にセットアップ出来るので、当たり前なのかもしれませんが。

面白いのは、アンテナを接続してテレビ放送も転送出来るんですが、このチャンネル設定は、なぜかベースステーションではなく、TVボックス側でやるということ。PCでロケフリを見るためのツールも試してみましたが、こちらもチャンネル設定はソフト側。つまり見る側でセットアップするんですね。便利なのか不便なのか良くわかりません。だって、ベースステーションにつながっている機材やアンテナは変更することはないので、ベースステーション側で1回だけ設定したら、その情報を他のクライアントで使えばいいんじゃないかと思ってしまいます。

画質は屋内無線LANで接続している分には、かなり良い感じ。特にテレビで見ると細かいアラは見えないので、アンテナから直接受信しているのと、たいして遜色ない感じです。

肝心の機材のコントロールですが、やっぱりリモコンの信号を中継しているのと、映像が送られてくるのにバッファリングしている関係で、少しもたつく感じ。だいたい1秒程度の遅れがある印象ですが、まぁ許容範囲といったところでしょう。

あとリモコンの信号はすべて中継するのではなく、ビデオ入力1つにつき2台までの機材を登録し、その機材の信号しか中継してくれません。これは余計な信号を通してベースステーション側にある機材を誤動作させないための処置と思いますが、私の持っている機材の一部では、対応していない機材(古いSONY製ビデオセレクタ)があるため、操作できずにちょっと残念でした。

でもメインに使っている機材の2台を、それぞれのビデオ入力に入れ、また追加機材としてスカパーチューナーを、片方の機材のビデオ入力へ入れることで、合計3台からの映像を自由にコントロール出来るようになったので、やりたかったことは、すべて出来た!という感じです。


┌──┐ ┌────┐ ┌─┐         ┌─┐     
│CS│→│ビデオ1│→│ロ│         │T│     
└──┘ └────┘ │ケ│         │V│ ┌──┐
            │フ│→ 無線LAN →│B│→│TV│
     ┌────┐ │リ│         │O│ └──┘
     │ビデオ2│→│ │         │X│     
     └────┘ └─┘         └─┘     

     (リビング側)             (寝室側)  

ちなみにPC版のクライアントソフトは、Win用はSONY製、Mac用は加賀電子製で両方とも別売。Mac用は一世代前のLF-PK1用なのがイマイチ。PK20に新規に追加されたMPEG-4 AVC(H.264)が使えないとのことなので、まだ未購入です。IntelMacならBootCampとかParallelsを使ってWin用のクライアントソフト使えばいいかなぁと思っています。ただ、設定が悪いのか、なぜかWin用のクライアントソフトはテレビの局数が12個までしか登録出来ません。これは改良して欲しいですね。
日記 | タグ:LF-PK20 ロケフリ SONY ロケーションフリー  | 東京 ☀ | Comments (2) | TrackBacks (0)

Nintendo DS Browser

2006.12.09 (Sat)

ds_brows1.JPGds_brows2.JPGds_brows3.JPG

Nintendo DS Browserを買ってみました。当初Nintendoのホームページからしか買えないと聞いていたのですが、どうやら最近一部店舗で解禁?されたようですね。たまたま新宿のビックカメラに行ったら売っていたので衝動買いしてしまいました。

実際に使ってみると、思ったよりも良くできていてcookieを使用したページやJavaScriptを使ったページ、スタイルシートを使ったページなども普通に見ることが出来ます。また完全な動作は出来ませんでしたが、Google Mapなんかも、見ることが出来ました。

まぁ考えてみればOperaを使っているので当たり前と言えば当たり前。気になる点としては、cookieがフラッシュROMに保存されないので、電源を切ると忘れてしまう点ですね。逆に保存してしまうとセキュリティ上の問題もあるので、これでいいのかもしれませんが・・・。

あとは、ちょっと動作がモッサリとしています。これはスペックから考えると仕方がないでしょうね。無線LANで使うため、屋外でもフリースポット等で使えるはずです。

日本語入力は予測変換と、漢字を直接手書きで入力する方法が利用出来ます。手書き認識は可もなく不可もなくです。書き順を間違えると、誤認識しやすいのは仕方がないんだろうなという感じです。

画面は縮小画面と拡大画面の2種類を表示するモードと、DSの2画面を縦長につないで、画面幅に表示内容を調整して表示する2つのモードがあります。レイアウト重視なら2画面モード、操作性重視なら縦長モードが便利です。

思った以上に使える感じなので、しばらくいじめてみようと思います。当たり前ですがFLASHを使ったページやムービーのあるページはNGです。
日記 | タグ:nintendo DS Opera  | 東京 ☔ | Comments (0) | TrackBacks (0)

Core2DuoのMacBookが出た

2006.11.09 (Thu)

Core2DuoのMacBookが出ましたね。
ということは、近々Core2DuoのMac miniが出る可能性が高いかな?

ここのところの一連のMac miniが届かない問題と
急な出荷(在庫整理か?)が、裏付けしているようにも思えます。

別に個人的にはMac miniに関してはCoreDuoで良かったので
もしCore2Duoが出ても、あまり悔しくはないんですが
新MacBookの構成を見ると200GBのHDDがCTOに追加されています。
これは、ちょっと魅力的かな。

それよりも、もっと早く手に入れたかったよ。
予定以上に待たされる方が精神衛生上良くないですね。
日記 | 東京 ☀ | Comments (0) | TrackBacks (0)

Nintendo vs SCEI

2006.05.14 (Sun)

Nintendo WiiLife is beautifulで紹介されていた任天堂社長の岩田氏のコメント、そしてブログ主である中島氏のコメントを読んで思い出したことがある。

実はゲームディレクターをしていた頃、当時まだ任天堂社長になっていなかった岩田氏と話したことがある。その時は自分たちが作ったゲームを、Nintendo of Americaのスタッフたちに見てもらい、コメントをもらう場だった。ゲームはほぼ100%完成しており、また発売のスケジュールも迫っていた。ゲームのデモを一通り終わらせると、スタッフたちからの色々なコメントやアイデアが出る。その中で岩田氏は「なかなかいいんじゃないでしょうか。あとは、これをベースにどれだけ良く出来るかですね」たしか、こんな感じのコメントだった。

私たちは、ほぼ完成のつもりで持っていたものを、スタートラインにされてしまった。たしかにディレクターという立場から考えても、ここをスタートラインに出来たら本当にうれしい。一度ベースとなるものが出来てから、もう一度作り直すつもりでやると、元よりもぜんぜん良いものになる。しかし残念ながら私たちに与えられた予算、時間はそれを行うことを許してくれない。結局ゲームは、そのままの内容でデバッグとゲームバランスの修正だけが行われ発売された。あまり大ヒットもしなかったけど、赤字ではなかったと聞いている。

当然、あの段階から手を入れ直せば発売日は延期され、予算も余分に必要になっただろう。でも、これは作り手側の都合だ。遊ぶユーザは、発売日が変わっても、より面白ければその方が良いに越したことはない。考えてみれば、岩田氏は当時からユーザサイドにたった見方をしていたのだ。そしてユーザを大切にすることによって、結果として作り手側にも良い結果となることを知っていたのだ。だからこそ任天堂社長を任されたのだろう。

私は個人的にゲームとは、FFやドラクエのようなビッグタイトルではなく、好きな時にちょっとだけ、気軽に遊べるものがベストだと思っている。ゲームは映画ではない。そういった意味も含めて最近のNintendoの製品戦略には共感している。PSP vs DSでゲーム機としてはDSには新しい遊びがあった。これが勝因であることは誰も疑わないだろう。そして今回の次世代対決。PS3に新しい遊びがあるのか? 性能が上がることで映像的には凄いだろうけど、新しい遊びはなさそうだ。

一方でWiiのコンセプトムービーを見ると純粋に面白そうと思える(でも体力使いそうだけど)。こういった企画はおそらくSCEIだってあったはずだ。問題はトップがどれを採用するかだ。ゲームは決して技術対決の場ではない。技術力の高いものを作っても評価はされないのだ。
日記 | 東京 ☔ | Comments (0) | TrackBacks (0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。