MacBook

2007.06.25 (Mon)

しばらく忙しくて更新がストップしていました。その間に色々と買ったので、ちょっとずつ紹介していきます。

まずMacBookのBlackを買いました。でも、買ったタイミングが悪かった。4月末に注文しGWに到着しました。つまりバンプアップ直前ですね(苦笑)。最初たいしたクロック差じゃないので、まぁいいかと思っていたんですがベンチマークを見ると、意外と差が出てますね。ちょっと失敗したかな。でも、まぁ急に必要になって買ったので仕方がありません。

私のノート型Mac歴はPB180c→(しばらくデスクトップのみ)→iBook DualUSB→PB G4 Alumi→MacBookです。今回PBを買わなかった最大の理由、それは前回のPBの際にアルミ筐体が私の肌にあわなかったから(笑)。別にアレルギーとかではありません。私は手にすごく汗をかくので、アルミが酸化してあちこちに小さなツブツブが出来てしまうんです。以前にiBookを使っていた時はあまり気にせず使えたので、今回はMacBookにしました。やはり汚れなどを含めて考えるとMacBookの方が気兼ねしなくて使えます。意識の問題ですがPBだと、どうしてもキズがつきそうで扱いにも神経質になっていました。そのあたりがMacBookだと気が楽です。マシンも、ここまで速ければよほどのことをしない限りMacBookで十分かなと。あと、やっぱりあの「黒い筐体」に憧れたのもありますが・・・。
さて1ヶ月半ほど使ってみての感想ですが、まず、わかっていたことですが、このキーボードとても打ちやすいです。ストロークがそんなにないはずなのに、しっかりと打った感があります。

そしてPBから改善されたと感じるのがトラックパッド。実はこちらも私は相性が悪くPBやPanasonicのLet'sNoteなど、多数のトラックパッドで誤動作を起こします。身体の静電容量が平均値と違うのかもしれません。しかしMacBookのトラックパッドでは誤動作無く普通に使えます(普通の人には逆に感度悪かったりして?)。あと二本指でなぞるとスクロールというのは実際に使ってみて、気持ちいい。こういう細かいところの工夫がアップルだなぁと感じます。

CD/DVDスロットがPBと違って右側になってます。これは右側にマウスを置いていると、実は結構邪魔になるんですよね。やっぱりPBのように手前に出てくれる方が良いな。ま、手前に出るとお腹にぶつかるんですが(笑)

あとPBにあったS端子出力がないので、mini DVIからの専用コンバータを使わなければなりません。これが意外とでかく、またS端子の形状が日本のものと少しだけ違うので、ケーブルによっては非常に入りずらいです。特にJVCのケーブルは入りません。AppleStoreの製品のコメントにも同じようなことが書かれていました。

あとアメリカでも訴訟騒ぎになっていましたが、液晶はたしかに以前のPBから比べて悪い印象があります。コントラストなどは非常に良いのですが色の色調表現が弱く、一部の色でディザ表現が見られます。表示色数がフルカラーではないようです。たしかにアップルのサイトでもフルカラーとはどこにも書かれていません。グラフィックを中心のユーザには、ちょっと信じられない話でしょうね。
Mac | タグ:MacBook apple  | 東京 ☁ | Comments (0) | TrackBacks (0)
この記事へのトラックバック
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:※必須入力

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:※必須入力

認証コード:※必須入力


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。